Webサイトを快適にご利用いただくためには、IE11以降、Chrome、Firefox、またはSafariをご使用ください。

Active Rolesの統合

One Identity Active Rolesは、簡潔な統合管理ポイントで広範なプラットフォーム、アプリケーション、およびサードパーティ製品と簡単に統合します。Active Rolesを使用することで、ADアカウントのライフサイクル管理の範囲が、IDセキュリティソリューションのOne Identityポートフォリオ(Authentication Services、Defender、Identity Manager、Safeguard、Password Manager、Starling Connect、Starling Approval Anywhere)からMicrosoftプラットフォーム管理ソリューションのQuestファミリー(Change Auditor、Enterprise Reporter、Recovery Manager、およびGPO Admin)にわたって拡張されます。

integrations

Active Rolesはクラウド対応で、次のサポート対象プラットフォームと同期します。
Microsoft Azure

Microsoft Azure

One Identity Active Rolesによって、Azure Active DirectoryのADアカウントのライフサイクル管理が簡素化されます。役割ベースの委任により、ユーザおよびグループの運営を管理してセキュリティを確保するのに役立ちます。Azure ADへの移行はActive Rolesにより簡素化され、データの一貫性の確保に役立ちます。Active Rolesを使用すると、ハイブリッドおよびAzure AD環境でZero Trustが有効化され、管理者アカウントのセキュリティを確保することができます。
Amazon Web Services

Amazon Web Services

クラウド対応のソリューションであるOne Identity Active Rolesにより、Amazon Web Services(AWS)におけるハイブリッドActive DirectoryのADアカウントのライフサイクル管理が簡素化されます。Active Rolesは役割ベースの委任による、ユーザおよびグループ運営の管理とセキュリティ確保を向上させます。ADのAWSへの移行はActive Rolesにより簡素化され、データの一貫性の確保に役立ちます。Active Rolesによって、ハイブリッドAD環境でのゼロスタンディング特権の達成が可能になります。

Safeguard Authentication Services

Active Rolesの機能をUnixおよびLinux環境に拡張します。このサポートパックを使用すれば、委任(Unixオブジェクトを含む)、ビジネスルールベースの管理、および管理タスクの実行(Unixユーザおよびグループのプロビジョニングおよびプロビジョニング解除など)を含む管理シナリオを実装できます。

グループポリシーオブジェクト(GPO)Admin

グループポリシーオブジェクトの管理を統合および自動化します。Active RolesはGPOADminの動作を検知し、クリティカルなグループポリシータスクを自動化することで、コストを削減し、手動プロセスをなくすことができます。GPOADminコンソールはActive Rolesのタブでアクセス可能な動作を検知および実行します。

Identity Manager

Active Rolesは、Active Roles Synchronization Serviceを通じてOne Identity Managerとの統合をサポートします。両方の設定を統合することにより、組織は既存のアクセス管理展開をさらに大規模なID管理プログラムに拡張し、最も効率的なID管理の展開を短期間で実現できます。堅牢なポリシーやワークフローを作成したり、Identity Manager内の既存のワークフローとポリシーを再利用したりして、それらが既存のActive Rolesの実装を経由して適用されるよう監視できます。