Webサイトを快適にご利用いただくためには、IE11以降、Chrome、Firefox、またはSafariをご使用ください。

Safeguard for Privileged Passwords

特権資格情報の許可を自動化および簡素化し、セキュリティを確保します。 Safeguard for Privileged Passwordsは、アクセスのセキュリティ確保に関する心配を一掃します。また管理者が短期間で使用法を習得できるため、迅速に導入できます。 その結果、企業のセキュリティが確保され、特権ユーザの自由度や機能性が新たなレベルに押し上げられます。
Safeguard for Privileged Passwords

主なメリット

管理者の生産性を最大化

コンプライアンス規制への準拠が容易

特権アクセス制御に関わるリスクを低減

あらゆる特権リソースの可用性を向上

特長

アクティビティセンター

独自のクエリを作成して、あらゆるアクティビティを表示します。 監査レポートを簡単に作成

ワークフローエンジン

時間制限、複数の承認者、緊急アクセス権などを組み込んだ独自のワークフローを作成

どこからでも承認可能

One Identityクラウドプラットフォームを活用し、すべてのアクセス要求の承認または却下を実行

検出

ネットワーク上の特権アカウントを自動的に発見。ホスト、ディレクトリ、およびネットワーク検出をサポート

Personal Vault

フェデレーション以外のアカウントも含め、すべての従業員のパスワードの生成、保存、およびセキュリティ確保を実行

最新の効率性

ロードバランシングおよび高速化されたスループットによる分散型オペレーション対応設計

サポートおよびサービス

製品サポート

製品のインストール、設定、トラブルシューティングに、セルフサービスツールをお役立てください。

サポートサービス

お客様固有のニーズにお応えできるよう、さまざまなレベルのサポートをご用意しています。

トレーニングと認定資格

オンライン(Webベース)、オンサイト、仮想インストラクタ主導型などの形式で提供される、トレーニングコースです。