Webサイトを快適にご利用いただくためには、IE11以降、Chrome、Firefox、またはSafariをご使用ください。

Identity Manager - Data Governance Edition

機密性の高いデータのアクセス制御を可能にするデータガバナンス

Identity Manager - Data Governance Editionは、ITスタッフからビジネスオーナーにアクセス制御を転送することで、組織に効率性と最適なパフォーマンスをもたらすデータ・アクセス・ガバナンス・ツールです。 Identity Managerのアクセス制限機能により、アクセスの安全性を確保し、自動ワークフローでアクセスポリシーを定義できます。 ファイル、フォルダ、共有への非構造化データアクセス要求の分析、承認、実行が可能です。 このデータ・ガバナンス・ソフトウェアにより、NTFS、NASデバイス、およびSharePointの制御を拡張し、機密性の高い非構造化データへのアクセスを、承認されたユーザのみに限定することができます。

Radboud University enhances security for over 40,000 users with One Identity Manager 04:05

Radboud Universityでは、One Identity Managerを導入して、40,000人以上のユーザのセキュリティを強化しました。

主なメリット

高リスク領域の保護および識別

データ所有者のアクセス制御を支援

非構造化データのアクセス要求承認を支援

ポリシー違反の検出および修正

要求および承認のワークフローの自動化

特長

クラウド・サービス・ガバナンス

Microsoft SharePoint OnlineおよびOneDriveのサポートにより、クラウドサービスを管理し、アクセスレポートを作成します。

データの分類

管理対象データを手作業で分類します。 ビジネスオーナーは、Webポータルで分類を設定できます。 このデータ・ガバナンス・ソフトウェアには、分類レベルの割り当てに基づいた、すぐに利用可能なポリシーとリスク計算が含まれます。

アクセス制限

このデータ・アクセス・ガバナンス・ツールにより、アクセスポリシーを定義できるようにすることで、組織の機密性の高い非構造化データへのアクセス権を、承認されたユーザにのみ付与することができます。さらに、NASデバイス、NTFS、SharePoint上の機密データ(ファイル、フォルダ、共有など)をロックダウンすることも可能です。

データ所有者の割り当て

データの使用パターンと読み取り/書き込みアクセスを評価して、将来のあらゆるアクセス要求に適したデータ所有者を決定し割り当てることができます。

監査のシンプル化

NASデバイス、NTFS、SharePoint上にある社内リソース(ファイル、フォルダ、共有など)へのユーザアクセスを特定することで、監査の準備に不可欠な情報を入手できます。

アクセス要求の自動処理

内蔵のワークフローによって、アクセス要求がリクエストポータルから適切なデータ所有者へ自動的に送付されます。承認された要求が自動的かつ適切に処理されるため、ITスタッフの負担が解消されます。

アクセスの検証

このデータ・ガバナンス・ソフトウェアにより、ユーザとリソースのアクティビティを監視し、再認定プロセスの構成およびスケジュール設定を行えます。これにより、従業員のアクセスについてデータ所有者が検証と認証を行い、承認されたユーザのみが特定のリソースにアクセスできるようにします。

ダッシュボードのパーソナライズ

一般的なデータ・アクセス・ガバナンス・ツールと異なり、カスタマイズしたダッシュボードに傾向、過去および現在のデータ・アクセス・アクティビティ、認証ステータスなどを表示し、そのデータを基にコンプライアンスレポートを生成することができます。

ツアー

新しい共有プロセス
分類
クラウド・サービス・ホストの管理
所有者候補の割り出し
新しい共有リクエストの承認
組織の割り当て
アカウントの比較
アクセスの管理
新しい共有プロセス

新しい共有プロセス

従業員は新しいリソースに対するリクエストを送信することができ、マネージャがそのリクエストを承認または却下する役割を担います

リソース

サポートとサービス

製品サポート

製品のインストール、設定、トラブルシューティングに、セルフサービスツールをお役立てください。

サポートサービス

お客様固有のニーズにお応えできるよう、さまざまなレベルのサポートをご用意しています。

プロフェッショナルサービス

オンサイトやリモートサイトで提供されている幅広いサービスの中から、お客様のニーズに合ったものをお選びください。

トレーニングと認定資格

オンライン(Webベース)、オンサイト、仮想インストラクタ主導型などの形式で提供される、トレーニングコースです。