Webサイトを快適にご利用いただくためには、IE11以降、Chrome、Firefox、またはSafariをご使用ください。

ハッカーは、システムやデータに無制限にアクセスできる特権アカウントを狙っています。 最近のほとんどすべての重大なセキュリティ侵害で、ハッカーはセキュリティやユーザの行動の不備に付け込んで、特権アカウントの資格情報を入手しました。

侵害を防止し、侵害が発生した場合でも損害を制限するには、組織がアクセスを提供して特権アカウントをモニタするためのセキュアで効率的で準拠した方法を持つベストプラクティスを可能にする、特権アクセス管理プログラムが必要です。

One Identity Safeguardは、特権アカウントに関するストレスや心配を軽減できます。 この革新的な特権アクセス管理ソリューションは、導入しやすい堅牢なアプライアンスとして利用でき、特権アクセスの保存、管理、記録、および分析のためのセキュアな方法を組織に提供します。 これはセキュアで堅牢なパスワード管理と、脅威の検知と分析によるセッション管理、モニタリングソリューションとを組み合わせた統合ソリューションです。 Safeguardは脅威を検知してシャットダウンし、監査人や管理者の要求を満たします。

発見
ネットワーク上の特権アカウントまたはシステムを、ホスト/ディレクトリ/ネットワーク検出オプションを使用して迅速に検出します。
セキュリティ保護
特権アカウントは、堅牢なアプライアンスに保存されます。これは、セキュリティを強化し、インストールや継続的な管理を高速化するのに役立ちます。
記録
キーストローク、マウスの動き、表示したウィンドウまで、すべてのセッションアクティビティを記録します。
モニタ
コマンドラインまたは画面に特定のアクションが表示された場合に適切な措置が自動的に実行されるように、トラフィックは人間または機械によってリアルタイムでモニタされます。
監査
すべてのアクティビティが、フォレンジックおよびコンプライアンス目的でキャプチャされ、インデックスが付けられます。そして暗号化され、タイムスタンプが付けられ、デジタル署名されたファイルに保存されます。
レビュー
アクティビティはビデオのように表示され、データベースのように検索できます。 全セッションから特定のイベントを検索し、イベントが発生した正確なポイントから記録を再生します。
分析
ユーザ行動分析技術を使用することで、組織の内外からこれまで知られていなかった脅威を見つけ出しします。

Safeguard製品

One Identity Safeguard for Privileged Passwords

One Identity Safeguard for Privileged Passwords

Safeguard for Privileged Passwordsでは、ロールベースのアクセス管理と自動化ワークフローによって、特権資格付与のプロセスが自動化、制御、保護されます。 設計もユーザを重視したデザインのため、短期間で習得できます。 さらにこのソリューションでは、どこからでもほぼすべてのデバイスからパスワードを管理できます。 Safeguard for Privileged Passwordsを使うことで、企業が安全に保護され、特権アクセスを持つユーザに新しいレベルの自由と機能がもたらされます。

主な特長
  • 資産の迅速な検出と搭載
  • 自動化されたワークフローエンジン
  • どこからでもパスワードを承認
  • 完全なREST API
  • ビジネスユーザ向け無料パーソナル・パスワード・ボールト
データシートを見る: One Identity Safeguard for Privileged Passwords
Safeguard for Privileged Sessions

Safeguard for Privileged Sessions

Safeguard for Privileged Sessionsでは、管理者、リモートベンダー、およびその他のハイリスクユーザの特権セッションを、制御、モニタ、記録することができます。 記録されたセッションのコンテンツにはインデックスが付けられて、イベントの検索や自動レポート作成が容易になるので、監査およびコンプライアンスの要件を簡単に満たすことができます。 さらに、Safeguard for Privileged Sessionsは、プロキシとして機能してアプリケーションレベルでプロトコルトラフィックを検査し、プロトコル違反のトラフィックをリジェクトすることが可能です。そのため攻撃に対する効果的な保護となります。

主な特長
  • セッション全体の監査、記録、再生
  • リアルタイムのアラート機能とブロック機能
  • ユーザへの変更なしに、ワークフローを開始、または透過モードで展開
  • 光学式文字認識を含むフルテキスト検索
データシートを見る: One Identity Safeguard for Privileged Sessions
Safeguard for Privileged Analytics

Safeguard for Privileged Analytics

Safeguard for Privileged Analyticsは、疑わしい行動をモニタし、組織の内外から、これまで知られていなかった脅威を見つけ出します。 ユーザ行動分析技術を使用することで、Safeguard for Privileged Analyticsは異常を検出し、リスクに基づいてランク付けするので、優先付けをし、適切な措置を講じることができ、最終的にデータ漏洩を防止します。

主な特長
  • 未知の不正動作を検出するパターンなし分析
  • 画面コンテンツ、発行されたコマンド、ウィンドウタイトルを含む完全コンテンツ分析
  • キーストローク動力とマウス動作分析を使用した侵害の識別
  • リスクと逸脱のレベルごとに警告を分類することで警告ノイズを削減
データシートを見る: Safeguard for Privileged Analytics

リソース

One Identity Safeguard
データシート
One Identity Safeguard
Strategies for successfully managing privileged accounts
電子書籍
Strategies for successfully managing privileged accounts
Understanding Privileged Identity Theft - Is your biggest threat inside your network
ホワイトペーパー
Understanding Privileged Identity Theft - Is your biggest threat inside your network
Understanding Privileged Identity Theft - Is your biggest threat inside your network
What do seven of the ten largest data breaches in the 21st century have in common? Privileged identity theft, the compromise of credentials to privileged accounts, was explicitly mentioned or indicated in post-mortem reviews of these mega-breaches. Read this whitepaper to learn why privileged identi
ホワイトペーパーを読む
Eight Ways to Analyze Privileged Sessions to Identify Your Most Suspicious Activity
ウェブキャストオンデマンド
Eight Ways to Analyze Privileged Sessions to Identify Your Most Suspicious Activity
Eight Ways to Analyze Privileged Sessions to Identify Your Most Suspicious Activity
Watch this Randy Franklin Smith-hosted webcast on demand to learn about the eight ways that you can analyze privileged activity to prevent damage from compromised privileged accounts.
ウェブキャストを見る