Webサイトを快適にご利用いただくためには、IE11以降、Chrome、Firefox、またはSafariをご使用ください。
お問い合わせ
x

お困りのことはありますか?私たちにお任せください。

お問い合わせ

One Identity Safeguard for Privileged Sessions

One Identity Safeguard for Privileged Sessions

特権アクセスの制御、モニタ、記録が可能

One Identity Safeguard for Privileged Sessionsでは、管理者、リモートベンダー、およびその他のハイリスクユーザの特権セッションを、制御、モニタ、記録することができます。 記録されたセッションのコンテンツにはインデックスが付けられて、イベントの検索やレポート作成が簡単になるので、監査やコンプライアンスの要件をより簡単に満たすことができます。 さらに、Safeguard for Privileged Sessionsは、プロキシとして機能してアプリケーションレベルでプロトコルトラフィックを検査し、プロトコル違反のトラフィックをリジェクトすることが可能です。そのため攻撃に対する効果的な保護となります。

透過モードでは最小のネットワーク変更を行う必要があるだけで、ユーザはワークフローやクライアントアプリケーションを変更する必要がないため、実装が簡単です。 ただし、ユーザを認証し、特定のリソースへのアクセスを制限し、アクティブな接続を許可および表示し、接続が事前に設定された時間制限を超えた場合に警告を受信できるように、ワークフローを設定することができます。 また、Safeguardはセッションをリアルタイムでモニタし、さまざまなアクションを実行できます。危険なコマンドまたはアプリケーションが表示された場合は、警告を送信するか、直ちにセッションを終了することができます。

関連製品

One Identity Safeguard for Privileged Passwords
One Identity Safeguard for Privileged Passwords

特権アクセスのリスクを排除

One Identity Safeguard for Privileged Analytics
One Identity Safeguard for Privileged Analytics

特権ユーザのリスクを検知し、組織への損害を回避

Active Roles
Active Roles

ハイブリッドActive Directoryなどにおける管理とセキュリティ

Starling Two-Factor Authentication
Starling Two-Factor Authentication

セキュアかつシンプルなID検証